2017年09月10日

月の雫


おまちかね、月の雫の季節になりました。

月の雫は生の甲州ぶどうに「すりみつ」という砂糖衣をつけた
ぶどうの生産量日本一の山梨県ならではの伝統的なお菓子です。

桔梗屋では月の雫に合う、
勝沼産の甲州ぶどうにこだわって製造しています。

なので、毎年販売期間はぶどう次第。
今年は順調にぶどうが収穫されて
9月8日から販売開始しています。

販売と同時に、桔梗信玄餅工場テーマパークでは
この季節ならではの工場見学も。
ひとつひとつ手作業で行っている
月の雫の製造工程を見ることができます。

砂糖の丁度良いザクザク感、
プチっとはじける甘酸っぱいぶどうと甘い砂糖の絶妙なバランス。
当たり前ですが、どれを食べても同じ加減の砂糖衣。
職人技、やっぱりすごいですね。

MIHO

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL