2017年10月13日

誇り高き地方企業


こんなに集中してテレビを見たのはいつぶりだろう
と思うくらい、昨夜はあっという間の約1時間
食い入るように見ました。

桔梗屋相談役が出演し、3か月にわたり
桔梗屋グループのあちこちで撮影を行った
テレビ東京「カンブリア宮殿」
行列のできる地方銘菓スペシャル②
老舗菓子店が挑む常識破りのベンチャー魂

数日前から放送日が近づくにつれて
楽しみと緊張でなんだかドキドキしていました。

冒頭は東京駅諸国ご当地プラザ。
数ある商品の中で桔梗信玄餅が売りあげランキングNo1。

そして、桔梗信玄餅工場テーマパーク
大人気で大行列のお菓子の詰め放題。
最近は早朝から並ばないとできない詰め放題ですが
県外から、またリピーターのお客様が多いということ。

どちらももちろん知っていたことですが
改めてテレビで見ると、すごいな、うれしいな
と、そんな気持ちで見始め

続いて工場内、桔梗信玄餅の包装スタッフの包装技術。
手作業で行っている風呂敷包みの個包装は
ひとつを包むのになんと4.5秒。
工場見学では1つ5~6秒で包装すると
ご案内していましたが、実際は5秒をきるスピードに
またまた驚き、そこからはもう微動だにせず
学生時代、講義DVDを見ていたときのように
見入っていました。


放送内容や相談役の言葉、
「(企業理念でもある)おいしい、楽しい、
美しい、健康に関係する事は全て挑戦する」
「自分がどう感じるか(買いたいと思うか)」
「新しくすることも伝統を守ること」
入社10年目の私にとって
今まで教わったこと、学んできたこと
常に言われ続けていること、そんな風に感じました。

「桔梗屋っていろいろしてるんだね」
と、良く言われますが

今回、この番組を見た多くの方に
桔梗屋の事をより知って頂けたのではないかと思います。

編集後記の村上龍さんから頂いたお言葉
「誇り高き地方企業」の一員として
これからもしっかり頑張らなくては。

MIHO

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL