2018年08月15日

仲間たち


桔梗信玄餅アイス、桔梗信玄生プリン、
桔梗信玄餅万寿、桔梗信玄棒、桔梗信玄餅どら
と、桔梗信玄餅にはさまざまな仲間たちがいます。

これらの仲間たち、コラボ商品を含まずにですが
ある二つのグループにわけられることにお気づきでしょうか。
声に出してみるとわかりやすいかもしれません。
名前に“餅”がつくものと、つかないものがあるのです。
さて、その違いはというと、なんてことはありません。
お餅が入っているかいないかです。

桔梗信玄餅アイス、桔梗信玄餅万寿、
桔梗信玄餅揚パン、桔梗信玄餅生ロール。
これらはお餅が入っている(乗っている)ので名前に“餅”がつきます。

一方、桔梗信玄生プリン、桔梗信玄棒、桔梗信玄飴など
お餅が入っていない商品の名前には“餅”がついていません。

とってもシンプルなこの法則を覚えれば
さらっとするっと自然に商品名を口にすることができるはず。

ただしこの法則、一つだけ例外がありまして、そう、桔梗信玄ソフト+ です。
ソフトクリームにたっぷりの黒蜜ときな粉、
お餅が3切れ乗って、さらに桔梗信玄棒をプラスした逸品。
しっかりと桔梗信玄餅が乗っているのに“餅”がつかないのです。
なんでもこれは発売当初はお餅が乗っていなかったかららしいのです。
わたしが入社した頃には既にお餅が乗っていたので
当時の先輩から教えてもらい、そんな歴史があったのかと感じたのを覚えています。

あべ

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL