2018年10月06日

塩山店ギャラリー


黒蜜庵 塩山店に併設しているギャラリーでは、
10月27日から「そだち展」を開催。

障害者支援施設 そだち園の皆さんが
日々取り組んでいる活動の中で、
出来上がった作品を展示します。

一足お先に、展示する作品の写真を送って頂いたんですが、
ビーズを使った雪だるまの手芸や、くまの刺繍が入った小物など、
かわいらしい作品がたくさんありました。

その他にも「さをり織り」を展示するそうなのですが、
恥ずかしながら「さをり織り」を知らない私。
どんなものなのか調べてみました。

概念にとらわれず、なにもかもを自由にした手織りを
「さをり織り」とよんでいるそうで、
見本や、手本といったものはなく、好きに織ることができるのが魅力だそう。

世界にひとつしかないそだち園の皆さんの
さをり織りを今から見るのがとても楽しみです。


(今年の6月に開催した「そだち展~書道と陶芸~」のときの作品です)

すずき

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL