2020年02月05日

甘い愛

先日の直営店ブログで「桔梗信玄餅チロルチョコ」が紹介されていました。
チロルチョコの文字を見て思い出すのが、Facebookにてやり取りさせていただいた、ある団体の方。

10/26の企画室ブログで「Facebookにあるメッセージが届いた」と書きましたが、
そのメッセージというのが、チロルチョコ同好会に所属する学生さんからのものだったのです。

「チロルチョコ同好会」は、滋賀県にある成安造形大学の同好会だそう。
メッセージをくれたのは成安造形大学の学生さんですが、チロルチョコ同好会にはインカレサークルもあり、
京都大学・神戸大学・立命館大学・京都薬科大学・京都市立芸術大学・京都ノートルダム女子大学、
そして成安造形大学の方々が所属し、月1回は必ず活動しているそうですよ。
Facebookで紹介するにあたり、活動内容などを調べましたが、
チロルチョコを使った料理を考案したり、チョコレートの理解を深めるためチョコレートの祭典に参加したりと、
甘いだけじゃない、チロルチョコ愛に溢れた本格的な活動をされていましたよ。

メッセージと共に送られてきたのがこの写真。

Facebookではすでに紹介させてもらっていますが、
成安造形大学の学園祭でチロルチョコ同好会のブースに飾るため、制作したんだそう。
受付嬢ならぬ、受付鹿。
立派に役目を務めてくれたそうですよ。

ご紹介したFacebookページはこちら

山梨県を飛び越え、遠い土地でも桔梗信玄餅が認知され、愛されているのだと実感します。
桔梗信玄餅チロルチョコ、販売再開しましたよ。
桔梗屋直営店だけでなく、全国のセブンイレブンでも販売しています。
チロルチョコ同好会の皆さんの元にも届くといいな。

ozawa

2020年02月04日

ミヤイリガイと地方病

昨日は節分でしたね。

小学生の頃は夕方になると近所から
「鬼は外 福は内」と豆をまく大きな声が
聞こえてきたのですが、
集合住宅やアパートが増え
なかなか豆まきが出来ない環境に。

我が家も妹とふたり
声をおさえつつ豆まきをしてから
まるかぶり寿司を楽しみました。

2月3日と言えば森の中の水族館。で
新しい常設展示が始まりました。
「ミヤイリガイと地方病~7ミリの小さな巻貝と115年の長い歴史~」

恥ずかしながら展示の連絡がくるまで地方病のことを
よく知らなかったので、私なりに調べてみました。

地方病(日本住血吸虫症)は
長年原因が分からず山梨県を中心に地域住民たちに
大きな被害を与えていた感染症のことで、
「ミヤイリガイ」という巻貝の中で成長した寄生虫が
人間などの哺乳類の皮膚から体内に侵入、
侵入した寄生虫が肝臓などに障害を起こし、
重篤な場合は死に至るというので
とても恐ろしい病気です。

江戸時代の医学書にも記録が残っている
古くから甲府盆地の人々を苦しめてきた地方病。

そんな病気が山梨で流行っていたことにも驚きですが、
平成8年に地方病の終息宣言がだされたことにも驚きました。
平成8年なんてつい先日のことのように感じます。
県をあげて地方病対策に乗り出してから
115年の時が経ってようやく終息宣言ができたんですね。

今回の展示では、地方病を撲滅する活動のなかで
数を減らすこととなってしまった「ミヤイリガイ」について
紹介をしています。
また、生きたミヤイリガイを日本で初めて常設展示※しています。
※2020年1月森の中の水族館。調べ

小学生のころ友達と田んぼや側溝でザリガニや
巻貝を採って遊んでいましたが、
115年かけて地方病と戦ってきた人々のおかげで
安心して遊べていたんだなと思うと、
地方病のことは絶対に忘れてはいけないなと思いました。

いつもは楽しい展示が多い森の中の水族館。ですが
この展示を機に山梨県の歴史にふれてみてください。

inoue

2020年02月03日

本日は節分です

1月も終わり、上生菓子が2月仕様へチェンジ。
少し前に「春告草」をご紹介しましたが
今日は集合写真をご紹介します。

上から
新春を祝う意味がある「福寿草」
冬から春になると遠くがかすんで見える様子を表した「春霞」
梅の別名である「春告草」。
一足早く春を感じる上生菓子たちです。

実は1月下旬頃
「来月の上生菓子を予約したい。」とお客様から
連絡があったようで、私も含め楽しみにしている方が
たくさんいらっしゃるのだなと嬉しくなりました。
気が早いですが
もう来月の上生菓子を楽しみにしています。

そして、今日は節分。
予約しておいた丸かぶり寿司が、少し前に届きました。

節分大福と恵方巻フルーツロールは
午後届くとのことなので、そちらも楽しみ。

きっと、家に帰ったら玄関先に
豆が散らばっていることでしょう。
「鬼は外。福は内。」

ayumi

2020年02月02日

パネルノセカイ

「ハイジの村とハイジズフラワーガーデンに飾るパネルをカットしてほしい」
渡された用紙を見てびっくり。
私が新婦役のモデルをしたブラダルフェアの写真がパネル用の写真に。
自分で自分のパネルを作成するのは初めてで少し恥ずかしかったです。

ラミネートをする時は、パネルのサイズが大きいので真ん中でカット。
「あ、真っ二つ」
心配いりません。あとでしっかり貼り付けますよ。
そして完成したパネルを見て、最初のペラペラの紙の状態から
パネルになると同じ写真でも少し雰囲気が変わったように感じました。

新郎役のモデルをしたハイジの村のスタッフから
「ハイジの村の入園口に飾ってあるよ」と写真が送られてきました。
「少し恥ずかしいけど写真の雰囲気いいよね」と話し
ハイジの村にあるレストランボルケーノで撮った写真がお気に入り。
完成したパネルをのせようと思いましたが、やっぱり秘密。
ハイジの村とハイジズフラワーガーデンに行った際、
チラッと見てみてくださいね。

ましろ

2020年02月01日

別世界のようで

雪が降り積もっただけで、まるで別世界。

御坂峠越しに頭だけ覗かせている富士山も、夏の姿をすっかり思い出せなくなってしまいました。

祖母の家には白黒テレビがあって、私はそれを見るのが好きでした。
もちろんリモコンなんてありません。
テレビの前に居座って、ほとんど砂嵐になってしまうチャンネルをパチパチと変えていました。
家にあるテレビとは違うから面白くて、遊び感覚だったんでしょうね。
祖母の家に遊びに行くと、真っ先に白黒テレビに飛びついて夢中になっていました。

動画サイトを見ていたら興味深いタイトルが目に入り、思わずクリックしてしまったことがあります。
100年前の東京がカラー映像となって甦ったものでした。
モノクロだった映像がカラーになるということ。
女の子が着ていた着物の色が分かること。
広がっていたのは青空だったということ。
それだけで別の世界のようで、何だか不思議な感覚でした。

本日YBSにて、桔梗屋の特別番組「ふるさとの味が生まれた原風景~4Kでよみがえる桔梗屋テレビCM~」が放送されました。
皆さんご覧いただけたでしょうか。
当時の映像が4Kデジタルリマスター版として甦りました。
桔梗屋のYouTubeチャンネルからもご覧いただけますが、私はどうせならテレビで見たいと放送を楽しみに待っていました。

当時より随分と薄くなったテレビの中で、無邪気に遊ぶ子どもたち。
いや、1976年当時の映像なので、子どもたちは私よりもうんと年上の方たちなんですけどね。
子どもの頃見ていたCMがより鮮やかになって甦り、まるでそこで遊んでいるかのようで、見ていたら鳥肌が立ってしまいました。

最近は過去の映画がデジタルリマスター版として公開もされていますね。
それが出来るのは、当時のフィルムが大切に保存されていたから。

過去から未来へ繋いでいくには、私たちが「今」を大切にしていく必要があるのだと、本日の特別番組を見て実感しました。

100年前の東京の風景の映像では、撮影しているカメラを興味深そうに見る人がいて、
まさか100年後の人がその向こうから覗いてるなんて思いもしてないんだろうな。
私たちが未来へ繋いで、そうしたら今もどこかで、100年後の人たちが覗いているのかも。

ozawa