2019年11月13日

被写体と裏側

今日も今日とて、写真の確認。
インスタグラムの運営のため、各店舗や施設から送られてくる写真から厳選し、文章を考えて投稿しています。
ハイジの村のお花なんかは、企画室にいる私ではその日その時の写真が撮れないので、
ハイジの村スタッフに写真を撮ってもらっているのです。
スタッフの撮り方の特徴が写真にそれぞれに表れていて、見ていて楽しいです。
特に植栽さんが送ってくれる写真は、「こんな植物もあるんだ!」と新しい発見もあって面白いんですよ。

ハイジの村インスタグラム

朝、吐く息が白くなり、季節は秋から冬へと移り変わろうとしています。
この時期になったら撮るお花なんて無くなってしまうのではないかと心配していたのですが、
毎日毎日、種類の違う可愛らしいお花の写真が送られてきます。
ハイジの村は寒い時期でもこんなに楽しめるのだと、改めて実感しました。
12月1日からは、スイスの森の四季景色をイメージしたイルミネーション、光のページェントも開催します。
寒い時期ならではのハイジの村の楽しみ方があって、寒い冬が何だか待ち遠しいですね。

素敵な花たちの写真で癒されたところで、私も気合を入れます。
もうすぐ七五三なので、それにちなんだ写真を考え中。
使おうと思っているのは、皆さんも幼少期にきっと遊んだことがある折り紙。

和の感じを出したかったので、「折り紙折りたいです」と頼んで、鶴を折らせてもらいました。
遊んでいるわけではないですよ。雰囲気づくりのために試行錯誤しているんです。
本当に久しぶりに折ってみたのですが、折り方もおぼえているものですね。
折っていたら小さい頃を思い出して、新聞紙を見たら紙鉄砲を折りたくなってしまいました。
紙鉄砲はさすがに折ったら遊びになっちゃうかな。我慢我慢。

インスタグラムに限らず、写真というものはその被写体しか写しとっていませんが、
写真が撮られるまでの「裏側」を想像するというのも、新しい楽しみ方ではないでしょうか。
皆様それぞれの方法でぜひお楽しみくださいね。

ozawa

2019年11月12日

お待ちしています

毎朝のポストチェック。
今日も郵便物を取り出し、それぞれ振り分けていると
重なったハガキの間から見える、存在感のあるハガキ。
見てみると、思わず「うまっ。」と声にでてしまいました。
こんなに素敵なイラストが描かれていましたよ。

ハガキには6種類のお菓子のイラストが。
「桔梗信玄棒」「オリジナル桔梗信玄餅アイス」
「桔梗信玄餅生ロール」「信玄桃」「桔梗信玄生プリン」
そして「桔梗信玄餅」

おそらく色鉛筆で描かれているのですが
本当に手書きかなと思ってしまうほどのクオリティ。
絵が上手でうらやましい。
私はイラストを描くのが苦手なので、勉強になります。

美味求真では、桔梗屋に関するエピソードや五七五
表紙の写真などを募集中。
皆さまからのお便りお待ちしています。

ayumi

2019年11月11日

撮影。

いつもはブライダルスタッフが撮影しているブライダルフェアのモデルたちの写真。

ハイジの村の紅葉がきれいなので秋っぽい写真が撮れそうということもあり、
私もブライダルスタッフとともに撮影に参加してきました。

  

  

  

スタッフにどんな感じで撮りましょう。と聞くと、
いくつかイメージがあり、この場所でこんな感じで撮りたいと
決まっていたのでとてもスムーズに撮影がスタート。

撮影場所につくと新郎新婦へポーズ指定。

体はこっち向きで、手はここの位置に。
顔はあっちをむいて、笑顔で。などいろんな言葉をかけて
いい一枚がとれるようにその場にいたスタッフみんなで考えます。

ヘアメイクや着付けを担当してもらっている先生たちも一緒に考えてくれましたよ。
あ、そのポーズいいね。今の二人が振り返ったのかわいいからいいんじゃない。と
不意に見つかるいいポーズもありました。

夕方からの撮影ですこし肌寒かったのですが、
新郎新婦の二人には頑張ってもらいました。

紅葉していない場所でも、緑に囲まれていたり、お花があったり
写真映えするスポットでの撮影はとても楽しかったです。

わたなべ

2019年11月11日

イルミネーション

12月1日(日)からハイジの村で開催する光のページェントの
イベントのひとつである県下最大級のイルミネーション。

実は昨日、見に行ってきました。

というのも、イルミネーションがほぼ完成したので17時くらいから試しで点灯すると聞き、
カメラを持って撮りに行ってきたのです。

みなさんにもお見せしましょう。

  

  

今年はスイスの森の四季景色をイメージしたイルミネーション。

パノラマ花壇にどーんと広がる虹のような7色の光や
木に飾られている黄色い温かみのある光、つららのような白くて長細い光など
撮影する場所を変えるだけで違う雰囲気の写真が撮れました。

昨年の青と白の光を基調としたイルミネーションも素敵でしたが
カラフルなイルミネーションは見ていてポップで楽しい気分になります。

この日にイルミネーションが点灯することはスタッフしか知らなかったので
たまたま、ハイジの村にいたお客様はとても驚いていました。

一足早くイルミネーションを見ることが出来るなんて、ラッキーなお客様。

光のページェントでは日没後からイルミネーションを点灯します。
日中は日差しがあり暖かいのですが、夜は寒さが厳しくなるので
厚手の上着や手袋、マフラーなどでしっかりと防寒対策をして
万全の状態で見るのがおすすめです。

わたなべ

2019年11月10日

今年一番

11月はライオンだよ。
企画室で使っているお気に入りの動物カレンダー
来月の写真が見たくてペラリとめくると12月の文字。

ビックリしました。
なんだか1年ってあっという間ですね。

今年はどんなことがあったのか
みんなで振り返るのが企画室の年末の恒例。
少し早いですが、私は今年一番の出来事が決まっています。

つい先日行われた、ハイジの村と
スイスバレンベルク野外博物館との姉妹提携調印式。

え、なんで今年一番かって?

実は今年一番ドキドキしたんです。

桔梗屋やハイジの村の社長、在日スイス連邦大使、
バレンベルク博物館の館長たちが集まって行う大事な式典。
もう一回お願いします。は出来ないので、
撮影忘れがないように、メディアの方がしっかり
取材できるように、ドキドキしながら立ち会いました。

さらに私をドキドキさせたのが、スペシャルゲストのお二人。
アニメ「アルプスの少女ハイジ」キャラクターデザイン、
作画監督の小田部洋一さんと、
ハイジを演じた声優の杉山佳寿子さん。

言わばハイジの生みの親たち。
みんなが大好きなハイジを作り上げた人達なんだと
思うとドキドキでしたね。

実は小田部さんとお話する機会があったので
握手をしてもらったんです。
子供の時から好きだったアニメやゲームを
手がけた方との握手は一生の思い出です。

沢山ドキドキした式典。
ほんの数時間の出来事でしたが、
ここまでの準備は数時間なんてものではありません。

パネルやタペストリーで飾られた和会席桔梗は、
ハイジの村スタッフが夜遅くまで残って準備を
したんだよと聞きました。

【ハイジの村ブログ】
一目見て結婚式みたいと目を奪われた豪華なテーブル装花も、
数日前から桔梗屋スタッフがハイジの村園内を巡りながら、
高枝切りバサミを使って紅葉したマユミの葉や枝、
秋バラ、バラの実を摘んで準備をしていたんだそうです。

「スイスを旅しハイキングをした時に、
壮大な自然の中に溶け込むように必ず花が優しく
咲いていたのでその景色を思い出しながら活けました」と
教えてもらいました。

スイスから長い時間飛行機に乗ってすぐに調印式。
ではなく、前日には桔梗信玄餅工場テーマパークでも
バレンベルク野外博物館の館長さんたちをおもてなし。

山梨の郷土料理ほうとう、鮑の煮貝、
桔梗信玄餅の包装体験や工場見学など
桔梗屋ならではの体験を楽しんでもらいました。

他にも、クララ館での宿泊や食事会、調印式の司会進行など、
大勢の桔梗屋、ハイジの村スタッフが携わっているんですよ。
【ハイジの村ブログ】

調印式に立ち会うことが出来なかったスタッフには
申し訳ないなと思いつつ
社長や館長さんのスピーチを聞けて
小田部さんともお話することができたなんて、
本当に貴重な体験。

私が英語を話せたら、
直接スイスの方ともお話ができたのかな。
来年の目標は英語の勉強ですかね。

inoue