2019年04月25日

あいぱく

昨日から銀座三越で始まった「アイスクリーム万博」通称「あいぱく」
アイスマニア協会が厳選した100種類以上のアイスがそろう、
アイス好きにはもうお馴染みのイベントですね。
もちろん桔梗屋も出店していますよ。

大人気の桔梗信玄ソフト+や、
桔梗信玄ソフト吟造り+恋抹茶などが味わえます。
そして、今回は待望の新メニュー

桔梗信玄餅プリンパフェと

桔梗信玄ソフトミックスが登場。
実はバニラと濃い抹茶のミックスは、
以前よりお客さんからのリクエストが多かったそうです。
私も、両方の味が楽しめるミックスがあればいいのになと
思っていたので、ついに念願叶いました。

あいぱくは5月6日まで開催。
桔梗信玄餅プリンパフェと桔梗信玄ソフトミックスは、
あいぱく限定の商品なので、気になった方は銀座三越へ。

ちなみに、本日甲府の気温が30度を超えるということで、
甲府駅前にて「情報ライブ ミヤネ屋」の取材が行われていました。
その際に、黒蜜庵きなこ亭で桔梗信玄ソフト+を試食する様子が
少しだけ放送されましたよ。


お昼前に急きょ取材依頼の連絡があったのですが、
取材の連絡より今日の甲府は30度を超えているのか
ということに驚きました。
どうりで暑いわけですが、冷たいソフトクリームを食べるには
もってこいですね。

inoue

2019年04月24日

準備中

ゴールデンウィークまであと3日。

ゴールデンウィークに向けて
ゴールデンウィークまでに作成してください。という
企画室にくる依頼も多くなってきました。

今日作成したのは、これです。

グリーンアウトレットで使用する
お菓子の詰め放題の整理券。

お菓子の詰め放題は混雑時には
この整理券を配布しているのですが、
今回は300枚作成しました。
すべてカットし終えたときには達成感が。

先日4/12に放送した、
テレビ朝日「ザワつく!金曜日 一茂良純ちさ子の会」でも
全国あっという間に売り切れグルメという企画で
お菓子の詰め放題が紹介されました。

その時に来ていたお客様は
滋賀県から来ている方や、
前日の夜7時に家を出たという
愛知県から来ている方も。

お菓子の詰め放題にかける思いに
びっくりしました。とてもうれしいです。

ゴールデンウィークの賑わいが今から楽しみです。
準備も頑張ります。

うちだ

2019年04月23日

見頃

チューリップが見頃ということもありカメラを持ってハイジの村へ。

赤、白、黄色だけでなく紫やピンクなど、とってもカラフル。
一緒に植えてあるビオラもかわいいですね。

いろんな場所から撮影するため園内を歩いていたのですが
日差しがありポカポカしていてとても気持ちよかったですよ。

一眼レフやスマホなどのカメラで撮影している人がたくさんいました。

ハイジの村のスタッフに聞いたところ
ゴールデンウィークの前半くらいまでが見頃のピークとのこと。

ゴールデンウィークどこに行こうか迷っているそこのあなた。

どこから撮っても「映えた」写真が撮れると思うので
写真を撮りにハイジの村へ行ってみてはいかがでしょうか。

イベントもたくさん開催しているのでおすすめですよ。

わたなべ

2019年04月22日

ハイジの村 開花状況

すっかり暖かくなり、寒さが苦手な私にとって
過ごしやすい日々。
先日は洋服の棚を整理し、厚手の洋服を奥に
薄手の服を手前にいれかえました。
新しい半袖の洋服も買って、夏がくる準備は万端です。

おっと、夏が来る前にこちらを忘れてはいけません。
ハイジの村で開催中の「チューリップ祭り」。
今が見頃、満開です。
昨年は、inoueさんとカメラをもって
ハイジの村へ遊びにいったのです。
たくさん写真を撮りました。



※昨年の写真です。

ハイジの村のHPでは
日々のチューリップの開花状況を確認することが出来るので
遊びに行く際は、チェックしてみてくださいね。

ハイジの村の開花状況はこちら

ayumi

2019年04月21日

何を書こうかな

そろそろ新しい美味求真が発行されます。

今回の「編集室から」は私が担当しました。
ふり返ってみると異動したての10月に書いて以来の「編集室から」。

前回、先輩方の文章を参考にしながら書いたのを思い出します。
でも5月号は書いたことがないので
5月はどんなイベントがあるのかなとを思い予定を確認しました。

ハイジの村ではチューリップ、ジャーマンアイリス、バラなど
季節の移り変わりとともに
いろんな花を楽しめるようになってきますね。

森の中の水族館。では新しい企画展が始まり
母の日の「ありがとう」の焼印が入った桔梗信玄餅どらも楽しみ。

そろそろ気温も上がってくるころなので
冷たいお菓子も食べたくなってきます。
考えてみると何を書こうか迷ってしまうくらい。

さて、私がどんな内容を書いたのかお楽しみに。

ふるや