2019年06月24日

時の流れ

昨日の夜は企画室のみんなが楽しみにしていたozawaさんの歓迎会をしました。

信玄でみんな何を食べようか迷っていたようですが私は即決。
というか信玄で歓迎会をやること決まってから
何を食べようか決めていたんです。
以前から食べてみたいと思っていた
富士桜ポークと自社農園産ミニ野菜の冷やしほうとうを食べました。

トマト、ナス、ズッキーニなどたくさんの夏野菜をさっぱり食べられました。
この間まで私は旬の食材を食事に取り入れるためといって
とうもろこしを丸かじりしていましたが
やっぱり料理として食べるといろんな食材を一度に食べられますね。

前に信玄に来たのは私が企画室に異動したての頃
今回のように歓迎会を開いてもらった時です。

あの時はまだ緊張していてうまく話せなかったなあと思い出します。
その分というわけではないですが
昨日はたくさんおしゃべりしてきましたよ。

そんな風に振り返っていたら
企画室に異動してから半年以上経っていることに気づきました。
企画室に来る前はハイジの村で約半年働いていたので
いつのまにか企画室で働いている期間のほうが長くなっていました。

あっという間だなあとしみじみしつつ、まだまだ覚えることがあるはずなのに
もうそんなにたってしまったのかという思いも。

早く一人前になるためにも毎日の時間を大切にしていきたいです。

ふるや

2019年06月23日

今夜は

先日、オリンピックの観戦チケットの抽選発表がありましたね。
テレビでも取り上げられていましたが
とても倍率が高かったようで
私の友人も数枚申し込んでいましたが
1枚も当たらなかったそう。
私も申込みをしようと思っていたのですが
すっかり忘れていて、期限が過ぎていました。残念。
私は、テレビで観戦をして楽しもうと思います。

そして今夜は、ちょっと遅くなってしまいましたが
5月に企画室に移動してきたozawaさんの歓迎会。
どこへ行こうかと悩みに悩んで「信玄」に行くことにしました。
1ヶ月とちょっと一緒に仕事をしてきましたが
まだまだ知らないことがたくさんあるので
たくさんお話ができればと思います。
夜を楽しみに、午後も頑張ります。

おや、わたなべさんが
何やら見なれないものを使っています。

「ペンタブ(ペンタブレット)」というもののようで
これを使って文字やイラストをパソコンの画面に描いていくのです。
もの珍しいので
ちょっと見てみようと思います。

ayumi

2019年06月22日

初めてのさくらんぼ狩り

この時期の旬の食べ物と聞かれたら何が思い浮かびますか。

旬の食べ物は旬の時期に食べるのが一番美味しいということで
今が旬のさくらんぼを心ゆくまで堪能してきました。

クララ館の近くにあるさくらんぼ狩り会場のハイジの野菜畑にて
さくらんぼ狩り。

さくらんぼの実を持って軽く引っ張ると簡単にとれるよ。と
スタッフからのレクチャーを受けて、食べた後に種を入れるカップをもらい
さくらんぼ狩りスタート。

自分の目線くらいの高さにある美味しそうな赤い実を見つけては
とって食べて、またとっては食べて、たまに写真をパシャり。

佐藤錦、香夏錦、高砂などいろんな種類があるので
食べ比べをすることもできます。

上の方に実っている赤い実は手が届かないのでどうするのだろうと
素朴な疑問が生まれたのですが、答えはこちら。

こんな感じでリフトにのってスタッフが収穫して出荷しているとのこと。
さくらんぼは釈迦堂PAやグリーンアウトレット1/2、
味くらべのお店などで販売していますよ。

会場内を歩き回って、たくさんさくらんぼを食べることが出来て大満足。

いくら食べてもなくならないくらい実っていたので
40分間お腹いっぱいになるまで何個食べられるか
チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

初めてのさくらんぼ狩りとても楽しかったです。

わたなべ

2019年06月21日

「続ける」と「助け合う」

ここ数日、本当に梅雨入りしたのかと思ってしまうくらい、いい天気が続いています。
山梨は明日から雨の予報。
こういった天気だとちょっと気になることがあります。

昨日inoueさんが、家庭菜園を見ると夏の訪れを感じると書いていましたね。
私の地域だと、それが田んぼに変わります。

これは友人が地元に帰ったときに撮った写真。
高校の頃から趣味でずっと写真を撮り続けています。
私は彼女の撮った写真が、地元やその土地への愛に溢れていて大好きなんですけど、

右も左も田んぼ田んぼ田んぼ。
真っ直ぐ歩いてもいずれ田んぼにぶつかるくらい、田んぼしかありません。
他にあるのは山か川くらい。
この時期になるとどの田んぼも田植えを終え、あとは成長を待つばかり。
かと思われるかもしれませんが、ここからが本当に大変なのです。
もちろん田植え自体も大変ですけど、気を張るのはここからです。

「ちょっと田んぼの様子見てくる」
本当に言うんですよ、これ。
梅雨の時期は増水が怖いので、田んぼの水かさや温度を一定に保つために用水路で調整をするのです。
大体朝と夕方。
幼少期は夕方一緒について行ってお手伝いしたものです。
用水路にいる、メダカやオタマジャクシが目当てだったんですけどね。
周りの田んぼが増水対策に来ていないようだったら、気付いた人がやる。
「田んぼやっといたよ」と言うと、次の日それが採れたての美味しい野菜に変わるのです。
地域で助け合って農作物を作っていて、幼い私にはそれが印象的でした。

inoueさんの家の畑や写真を撮り続ける友人のように、「継続は力なり」と思える姿。
そこに地域で協力し合う心が垣間見えて、私はこの夏の景色が大好きなんです。

ozawa

2019年06月20日

夏を発見

最近、工場テーマパークブログ直営店ブログ
たびたび登場するトウモロコシ。
昨日、ふるやさんのお昼ごはんだったようですが、
我が家の食卓にもトウモロコシの甘々娘が登場しました。
私は生粋の山梨県民なので、
トウモロコシと桃が食卓に出てくると夏の訪れを感じます。
ちなみに私が好きな甘々娘の食べ方は、
甘々娘、玉ねぎ、にんじんのかき揚げ。
ほんのり甘くておいしいんですよ。
ぜひ試してみてください。

もうひとつ夏の訪れを感じることがあるのですが、
それがこちらの

家庭菜園。
父と祖父が20年以上前から手入れをしている畑です。
毎年、食べきれないほど季節の野菜が収穫できるんですよ。

実はこの畑、たびたび不思議なことが起こるんです。
誰も種や苗を植えていないのに、
野菜や果物が育つ時があるんですよ。
以前は冬瓜、小玉スイカ、かぼちゃ。
今回は大葉が知らないうちに育っています。
実にワイルドな畑です。

inoue