2019年06月29日

感覚を得るためには

昨日の夜は陸上の日本選手権が盛り上がっていましたね。

陸上は学生時代に部活で少しやっていただけで
私はそこまで馴染みがないのですがこういう時はどうしても興味が湧いてきます。
いつもは特別サッカーファンではないけどワールドカップは気になって見ちゃう。
そんな人も多いのでは。

男子100m決勝ではサニブラウン選手が1位。
テレビではトップレベルの選手たちの走りを分析していて
ふむふむと聞きいってしまいましたが
サニブラウン選手、2位の桐生選手ともに最高時速は40キロ超えだそうです。

まさかの公道を走る車と同じくらいの速さ。
人間って努力次第では自分の足で車と競争できちゃうんだ、
と驚いてしまいました。
なので今日の朝は車で出勤しながら
このぐらいの速さで走っているんだなーと思いながら運転しましたよ。

私は幼い頃から足が遅いので足が速い人はちょっぴり憧れ。
昔、足が速い人の感覚を知りたくて
足の速い同級生に手を引っ張ってもらいながら走ったことがあるんですが
足がもつれてついていけず悔しかったのを思い出します。

努力した人だけ得ることができる感覚。
努力したからこそですがやっぱりうらやましいな。

企画室ではパソコンに向かって作業することが多いですが
先輩たちの手の動きを見ているとやっぱり速さが違います。
ショートカットキーの種類やそれぞれのキーボードの位置などが
頭に入っているからこその動きなんでしょうね。

自然と手が動く感覚。私も味わってみたいな。
そのためにはまだまだ勉強の毎日です。

ふるや

2019年06月28日

「ガレッジセールのオリタラドコ旅」

千葉テレビで毎週土曜日に放送している
「ガレッジセールのオリタラドコ旅」という番組。
6月8日放送の回では「山梨編」ということで
ガレッジセールのお二人が桔梗信玄餅工場テーマパークに
訪れた様子が放送されました。
先日、番組が録画されたDVDが届いたのでさっそくチェック。
山梨県では放送されなかったので気になっていたんです。

まず、工場見学をして
次は「桔梗信玄餅の包装体験」
どちらが早く包むことが出来るのか勝負をしていましたが
お二人同時に終了。
出来上がりをみて、「綺麗に包むのは難しいね。」と
とても真剣に取り組んでくれていました。

お次はこちら。
「お菓子の詰め放題」
こちらもお二人で競い合いながら袋に詰めていましたが
結果は川田さん10個、ゴリさん9個。

ちなみに私の最高記録は12個。
1段目に6個、2段目に6個でここから先が難しいんですよね。

実は昨日も桔梗信玄餅工場テーマパークで撮影がありました。
詳細はまだ言えないのですが
またお知らせするので、楽しみにしていてくださいね。

ayumi

2019年06月27日

ポートレート

最近、新しいスマホに買い替えたのですが
カメラのポートレート機能を使いこなせるようになろうと練習中です。

ポートレートとは、スマホでも一眼レフなどで撮影したような
背景のぼかしのきいた写真が撮れるというようなものです。

先日、ozawaさんの歓迎会で信玄に行った時にも
料理をスマホで撮ってみたのですが、
ポートレートがあるのとないのではちょっと違いがあります。

被写体は富士桜ポーク他の串揚げ5本セット。

ポートレートなしと

ポートレートあり。

ポートレートありの背景をぼかした写真は変なところがぼけてしまい、
あまり上手く撮れませんでした。

実は、スマホでは撮れないような写真が撮りたくて
一眼レフを購入した私。

この機能を搭載したスマホが発売されたときは、なんだスマホでも撮れるじゃん。と
少し一眼レフの購入を後悔していたのですが、実際に使ってみると
スマホと一眼レフのカメラは全然別物だなとちょっと安心しました。
あくまでも私の意見ですが。

わたなべ

2019年06月26日

夏におすすめ

6月も早いもので残り4日。
もうすぐ7月がやってきます。
7月といえば夏。
夏といえば、お祭り、花火、海、バーベキュー、
イベント盛りだくさんで楽しい季節ですよね。
ただ、昨年は暑いを通りこして暑すぎたので、
今年はもう少し過ごしやすい気温になると嬉しいです。

企画室は仕事柄、季節を先取ることが多いのですが、
すでに夏らしい販促物の作成が進んでいます。
先日は、大きなブロックの氷でキンキンに冷やした
かち割りワインを撮影しました。

ワイングラスに注ぎ、お肉料理やお魚料理と一緒にいただく、
おしゃれな飲み方のワインではなく、
氷を入れたビールジョッキに注ぐなんとも豪快なワインです。

今まで何回も料理の撮影をしてきましたが、実は私。
苦手な撮影があるんです。
それはズバリ、溶けるもの。
かき氷、パフェ、アイスクリーム、ソフトクリーム。
どれも強敵でした。
かち割りワインも氷を入れて撮影するので、
時間が経つにつれワインが薄くなってしまい、
写真映えも悪くなってしまいます。
そんな私を助けてくれたのが「溶けない氷」

ディスプレイなどで使用されるアクリルの氷です。
これをビールジョッキに入れて土台を作り、
バランスよく本物の氷を上に乗せれば完成。

ただ、この方法だとワインが冷えず、
自然な水滴が出てこないので、
ちゃんと冷凍庫でビールジョッキをキンキンに冷やしたり、
薄くワセリンを塗って水滴が目立つようにしたり、
今回の撮影にもたくさん裏話があるんですよ。

どうです?美味しそうでしょ。

inoue

2019年06月25日

まずは互いを知ることから

先日は企画室の皆さんが、私の歓迎会を開催してくれました。
今までは歓迎会や送別会、イベント事は私が主催側だったので、新鮮でもあり、それが気恥ずかしくもあり。
それ以上に、とても嬉しいことでありました。
任された仕事を精一杯取り組んでいこうと、より一層気合が入りました。

と、意気込んだところで、明日は古巣の権六へお手伝いに行ってほしいとの依頼が。
菓々茶寮富士吉田店の団体メニューがリニューアルに伴い変更になるので、
団体の入れ込みの仕方等を指導してほしいとのこと。

企画室に異動してきてからは教わることばかりの毎日でしたが、明日は一転、教える側。
上に立つ者、と言えるほど偉い立場でもないですが、指導する側として責任と義務を持ちながら、
久々の接客の仕事を楽しみたいと思います。

団体のお客様の受け入れは、従業員同士がどれだけ息を合わせ、スムーズにこなせるかが重要になってきます。
コミュニケーションもたくさんとってきたので、思い出もそれに比例してたくさんあります。
「互いを知る」、まず一番にそれを教えたいと思っています。

私もこれからは企画室で、たくさんの思い出を積み重ねていけたらいいな。
明日はそうだ、「丸の内企画室です」なんて言って電話に出ないように気を付けなくては。

ozawa